帰宅拒否症の夫の傾向って?

gf1120209840m近年帰宅拒否症に陥っている既婚男性が増えています。これは帰るべき自宅がリラックス出来る場所ではなくなり、いづらいことから帰宅することが憂鬱になってしまう事で生じます。おおくの原因は妻との関係が良好でなかったり、両親と同居しているため親と妻との板挟みにされ息がつけない、言うことをきかない子どもの問題と精神的に追い詰められることが多く挙がります。これらは仕事に没頭している時間は無心になれ気にならないが、帰宅時間が近づくに従い徐々に現実に戻され、どうしようもない落ち込みに襲われます。このような人の傾向としてお金に余裕がある場合は居場所を求め自分を必要とする人と浮気、飲み歩きやキャバクラ通いなどに逃避する人が多くみられますが金銭的に余裕がない人はマンガ喫茶、ファーストフード店で時間を潰す、コンビニの長時間立ち読み、誰もいない公園でボーっとするなど何とかして帰宅する時間を一分でも遅らせようとする行動をとります。このような事が長期化することで夫婦関係はますます悪化し離婚の原因になることもあり、離婚にまでいかなくても心が癒されない環境で精神的ストレスが大きな負担になり「うつ病」を発症してしまう危険もあります。

コメントは受け付けていません。