相手の尊敬を忘れずに

shutterstock_97489289結婚当初はあれほど愛し合っていたのに、どうしてこんなに冷め切った関係になってしまったのか?
時間が経てば、自然に愛は冷めるものだという人もいますが、そうではない夫婦もいます。
時間は誰にでも平等に流れているものなので、時間が経てば冷めるものというのは正しくないことが分かります。

愛を冷めないようにするためには、若しくは冷めてしまった愛を復活させるためには、感謝の念が必要不可欠です。

普段何気なくしてもらっていることや、初めてしてもらったときにはすごくありがたく思っていたのに、いつのまにかしてもらうことが当たり前になってしまうのは仕方のないことです。
しかし、何をしてもらっても当たり前という態度では、どんどん愛が冷めていってしまうばかりです。

ちょっとしたことでも、相手が自分のために何かをしてくれた時には「ありがとう」と言う習慣をつけましょう。
初めは照れくさいかもしれませんが、お礼を言われて嬉しくない人はいません。
また喜んでもらうことができると、今度はもっと何かしてあげようと思うのが人情です。

だからといって、何かサプライズをするとかということではありません。
毎日仕事に行って家庭にお金を入れてくれることも、家事をしてくれることも、何一つとして当たり前なことはないのですから。
相手が自分のためにしてくれたことを見逃さないように、相手の良いところを見つめるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。